ウイグルの音楽と踊り

ウイグルの「音楽の母」とたたえられるウイグル族の大型古典音楽組曲「十二ムカム」は13世紀頃に完成された。中国、アラビア、そしてインドの影響が色濃 く残っている。劇場だけでなく、ウィグルの庶民たちも毎日仕事の後に、正装してレストランで音楽を聴きながら踊りを興じ、イブニング文化のようなものがある。